きょうのひとこと


presented by 地球の名言

PROFILE

のび

Author:のび
*1977年生まれ 
*関西の山間部寒冷地出身
*犬好きできもの好き
*旅好きでカメラ好きのオットと二人暮らし

動きが遅くて反応が鈍いらしい。急いでいても驚いても焦ってもあまり気づかれない。ある意味スローライフを送っています。

いろんなものの手作りに興味があります。
色彩ゆたかな暮らしにあこがれていますが、大体アースカラー(といえば聞こえはいいけど結局茶色)に落ち着くのがオチです。


*掲載内容の使用・転載をお断りします
*リンクはフリーですがご一報くだされば幸いです
*おとなの良識のない不適切なコメントはワタクシの判断で削除させていただくことがありますのでご了承ください

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

SEARCH

RSS

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

カメラ熱ふたたび?

相方が、新しいデジイチ(デジタル一眼レフの略)を買うというので、
今使っているデジイチをもらえることになった(嬉)
キャノンのEOS20D。

うれしいなーうれしいなー

今となってはオタクのレッテルを貼られないから言うけれど、
ワタシは高校時代、わりとまじめな写真部だった。
マニュアルのフィルムカメラを持ってうろうろしたし、花の(?)女子高生なのに暗室にこもってフィルム現像したりもした。

でも、デジイチが出始めてから、何だかフィルム一眼レフで撮るのが馬鹿らしくなって
(ちょうど、仕事が忙しくなったというのもある)撮らなくなってしまって8年になる。
ちょっと極端に走ってトイカメラとかもやってみたけど、なんか納得いかず。

たぶん、常にマイノリティーを目指してしまうB型としては、誰でもそれなりの写真が撮れるようになって、写真人口が増えたのが嫌だったのかも・・・(自己分析)

でも、カメラ好きなんよなー基本。
カメラもらったら、撮らんなんてことはなかろう。


で、もう一度ちゃんと勉強しなおそうと思って、「女子カメラ」を図書館で借りてきた。
マイノリティーになるにはまずメジャー(?)なところをお勉強(笑)

さて、どんな写真が撮れるかのう・・・


そういえば、撮らなくなった頃に、高校の同窓会があって、
酒に酔った、学生当時は無口で、ワタシみたいなアフォーとは口も聞かなかった秀才だった男子が、

「○○(旧姓)さん、写真、撮りよらんの?なんで撮らへんの!?オレは○○さんには撮り続けてほしかったわ!」

って熱く言われておどろいたことがあった・・・

アタシ、また撮るよ!

撮ることに決めたよ!オオウチくん!

・・・熱く宣言してみた。

けどまあ、ぼちぼちと。




スポンサーサイト

2009-01-29(Thu) 23:39| カメラ再開| トラックバック 0| コメント 5

グッとくる・・・?





寒そうにしていたら、上着を貸してくれる・・・って。ドラマの見すぎじゃ・・ぷぷぷ。
ていうか、女子の薄着はいかんよ。薄着は。

ちゃんと気温と相談して服着てちょうだい。
こないだ、長野県は松本に行ったとき、昼間でも凍てつく寒さの中、
超ミニ(ナマアシ)上着はカーディガンのみという驚異の女子高生をみた。

そんなアフォーに貸す服はない!!(おばはんは厳しいでー)

はっ(゜o゜)

ワタシとしたことが興奮してもた。。。



でも、ウチのおばあちゃんに見つかったら、腹巻と超厚タイツとコート持って追いかけてくるで・・・(恐)
家のひとはなんも言わんのやろか・・・???


ところで、グッとくるの、ありました??
相手による。とか言うのはなしで(笑)

ワタシはですね、「無事家に着いたか確認してくれる」っていうのはちょっといいなーと思いました。
しかしこれは、男女関係ないですね。
気遣いが気遣うことなくできるように精進したいものですわ。(関西弁の「ですわ」でw)




2009-01-28(Wed) 14:10| つぶやき| トラックバック 0| コメント 16

船出


さっきイキナリ、左耳が


「ボーーーーーー」って言うた。


船が出るって感じ。


耳鳴りでしょうか。


もうおさまったけど。


最近ときどき船出の音が聞こえます。


っていうか、病院行ったほうがええのやろか。。。

流行の突発性難聴とかやったらいややなあ。

流行には安易に飛びつかんぞ。


2009-01-26(Mon) 17:59| つぶやき| トラックバック 0| コメント 12

おみやげ

青春18切符でどこまで行けるかの旅(冬にあえて北へ向かう編)から、
相方が無事帰宅した。

結局、山形県は蔵王まで行ったらしい。
気温マイナス10度で、

「きっと、のびが来てたら死んでたで」

とのこと。

ちなみに、行きは、0時半発のムーンライトながらに乗ったのだけど、
指定がとれず、デッキでジベタリアン(地面に座る人のこと)だったらしい。
東京まで5時間半・・・

たぶん、ワタシが行っていたら、マイナス10度を体験する前に電車で幽体離脱してるわ((((((゜o゜;))))))

買ってきてくれたおみやげ。

P1050342.jpg

だいぶワタシの趣味が分かってきたらしいー

あと、ひよこ。
ひよこはくちばしから食べるのが好きです。

IMG_8087.jpg IMG_8043.jpg IMG_8061.jpg  
IMG_7960.jpg  IMG_8031.jpg  IMG_8146.jpg  




2009-01-19(Mon) 23:46| うれしい貰いもん| トラックバック 0| コメント 12

手話が違う

今日、屋根裏に上がって、久しぶりに、手話の本を読んでいたら、

昔、お客さんから、手話通訳さんの手話が分からんという苦情がしばしばあったのを思い出した。

そのときは、手話通訳さんの勉強不足か、お客さんの方言がキツイんだろうと思っていたけれど(許して)、

ちょっと思いついて手話について調べてみると、、、

発見!

日本で使われてる手話って、種類があるんやね。

ろう者同士の間で広まった「日本手話」

日本語と手話とをほぼ一対一に対応させた「日本語対応手話」

二つの間の「中間手話」


・・・たぶん、ろう者のお客さんが使ってた手話が「日本手話」で、通訳さんは「日本語対応手話」やったんやろうな。あくまで推測やけど。


日本語の文法を身につけた、中途失聴者や難聴者、彼らにかかわる福祉系の人たちは、文法が同じ日本語対応手話のほうが覚えやすいそうだ。
たぶん、わたしがちょっとだけ覚えたのもそっちかな。

で、先天的に耳がきこえないろう者同士の間で広まった「日本手話」は、日本語とはまったく違う文法体型を持っているらしい。
母国語が手話ってことでしょうな。
しかし、ろう者の人だって、日本語の読み書きができるわけで、そう考えると、二ヶ国語を操っていることになる。
音なしで英語の読み書きをちゃんとやれるかな?気が遠くなりそう。

人によっては、読唇術も。
すごいな。

そうか・・・そうやったんか・・・

それで通じんかってんな。

でも、そんなに大きな違いがあるっていうのに、手話の入門書には、
「この本は日本手話です」とか、「これは日本語対応手話です」とか書いてなかった。

なんでなんやろう。

手話通訳士になるにはおそらく、どちらとも習得しなければならんのだろうな。
でないと、本当の手話通訳とはいえないな。

だけど、人口の多い都会でならともかく、
超高齢化の過疎地でそのような人材を確保して育成するのはとても難しい。
サービスを利用する人自体の数が少ないので、予算の確保ができない。
実際、ワタシが仕事をしていたとき、利用者さんは実質2人ほどだった。

住むところによって受けられる行政サービスが限られるのって、ええんやろか?
それはずっとずっと思っていることではある。


ちなみに、なぜこんなことを深夜に思いついたのかというと、
相方が土曜日の午前0時から、青春18切符2回分でどこまで行って帰ってこれるか試しているところで、
一人で色々考える時間があったから。

「のびもいく?」と誘われましたが、丁重にお断りした(笑)
なんで延々電車に乗ってなアカンねん。


最後に、NHK手話ニュースでおなじみの木村晴美さんの著書



彼女は、ろう者の両親を持つろう者らしい。
生粋のろう文化圏で生活してきた人だ。
彼女いわく、日本のろう者は、日本手話を話し、ろう文化を持つストレンジャー。聴者(聞こえる人)とは行動様式や価値観が違う。とのこと。

この本を図書館で借りて、ろう文化についてちょっと知りたいなと思った。

・・・買わへんのかい。


2009-01-19(Mon) 01:43| つぶやき| トラックバック 0| コメント 6

ご、ごごご、ごちそう。

もっとちゃんとした生活をしたいと思って、日々の反省のためにブログをはじめた(サブタイトルにもあるように 笑)ものの、
なかなかうまくいきまへん。

で、この記事を読んでから、ずっと気になっていた、「友の会」に、参加してみようかな、と年末から思い始め・・・

昨日、最小単位の会合に参加させてもらってきた。

そのときのお昼ご飯。

Image250.jpg

・満点ごはん(栄養的に満点だから、満点ご飯)

・お吸い物(菜の花とかまぼことつみれ入り)

・豚のありがた煮(豚肉・じゃが芋・卵・椎茸・じゃが芋)トマト←なんでありがたいかというと、煮汁がいろいろ使いまわせるかららしい

・サワー漬け

・白ささげの甘煮(すごくクリーミーな地豆。めずらしい)

・キムチ

すべて自家製~~キムチも自家製~

いっつも昼は一人で適当に済ませてしまう私にとって、こ、これは・・・

晩ごはんや~(゜o゜)

久しぶりに肉を頂き(今時期花粉症対策のため草食ですねん)、
おいしかったーー
たまには肉たべてもええやんな。。。
今日からまた草をはもう。

ところで、友の会って何?一体なんの友の会?

って感じなのだが、分かりやすく説明してあるのがこちら↓

暮らしをシンプルにする「友の会」

ちなみに、年末に書いた婦人之友 家計簿の記事の、「婦人之友」は関係団体で、
「友の会」の人たちは、ここの家計簿を使ってらっしゃるようだ。

そうそう、PC版婦人之友の家計簿、今のところ続いてる。
すごい使いやすいので、これなら続けられそうな予感。

一年後の決算が楽しみですわ(関西弁の「ですわ」で 笑)



2009-01-17(Sat) 20:02| 友の会| トラックバック 0| コメント 9

小豆粥

今日は小正月です。

小正月といえば、小豆粥ですな。

って。実家では食べたことないけど・・・

ぜんざいを炊いたときによけておいた小豆と玄米で小豆粥をつくってお昼ご飯。

P1050341.jpg


赤飯のお茶漬けが好きな人は好きかも。(私はすき)
ぬくもりました・・・

さて、お飾りはずしてバイト行こ。


2009-01-15(Thu) 12:36| ごはん| トラックバック 0| コメント 6

鏡開きの思い出

昨日は鏡開きだった。

実家では、小正月のとき(だったとおもう)に、お飾りを外してとんど焼きのついでに、

鏡餅も一緒に焼いてたような気がする。

今の家でそれをやると、

放火魔と間違えられるか、
はたまた超乾燥しているので、本当に放火魔になってしまうか(しかも自宅を)、
近所の家の洗濯物が煙臭くなって迷惑かけるかするので、鏡開きと小正月を別々にやらねばならん。

正月開けの鏡餅といえば、昔は、

「きいろやみどりのカビがにぎやかに裏側に生えたやつ」

で、

そのときのぜんざいは、お飾りとともに火にくべられてから、かちまわして(笑 開いて)、カビを除いた餅を入れるから、

「ところどころ固くて、ほんのり焦げ臭くてかび臭い、大きさがマチマチの餅が入ったやつ」

やったけど。

今の鏡餅は真空パックなのでそんなこともなく普通においしい。
パックの裏側を見ると、

『開け方  包丁のかどを付き立て、パックごと餅を切り分けてください』

ひぇええええ((((((゜o゜)))))
縁起わる~~

「鏡餅は切ったらあかんねんで~」

とつぶやきながら、必死に皮(パック)を剥いて、チンしてちぎった。

P1050339.jpg

そんな餅を入れたおぜんざい。

ほんの気持ちだけ健康のことを考えて、お砂糖はやめててんさい糖と玄米甘酒で甘くした。

つぶつぶしてるのは玄米甘酒です。甘酒効果をみくびっていた。かなりの甘みを発揮。

ああウマカッタ。牛負けた(おやじ)



2009-01-12(Mon) 22:01| おやつ| トラックバック 0| コメント 8

七草がゆ

今日は人日。七草の日。

というわけで、朝ごはんは七草がゆにした。

本当は、秋の七草と区別して七種と書くらしいけど・・・

七種がゆ2

七草は、もちろんスーパーで買った「七草セット」。
本当は摘んでくるんだろうけど、この辺の犬のなわばりでないあぜ道や野原を知らないので、
なわばりを荒らしてしまうとオソロシイからやめといた。

昨夜、昆布とどんこを浸しといたダシで、玄米と白米のハーフ&ハーフを炊いて塩であっさり味付けた。
そして、同じく昨夜ゆでて、七草の歌をフンフン鼻歌しながら刻んでおいた七草を投入して完成。

そのまま盛ったら愛想なしだったので、ゴマをふってゴマかす(おやじ)

相方は、半分寝ながら七草がゆをすすり、夜明け前の6時半に出勤して行った。

はやくからお疲れさんー

今年も一年、元気でいられますように。




2009-01-07(Wed) 07:42| ごはん| トラックバック 0| コメント 6

ゆっくりおでまし

あけましておめでとうございます~

今年もよろしくお願いします~

なんだか年末を実感しないまま新年を迎えてしまった。
そんなわけで、年が明けた実感がないまま、すでに6日過ぎました。

もちろん、その間、
相方の実家に帰って掃除を手伝い(少しだけ)、おせちを詰め、
紅白を見ながら年越しそばを食べ、行く年来る年を観ておやすみ。

元日はみんなで(おばあちゃんは風邪でダウンだったけど)おせちをいただいて、
初詣に清荒神にお参りして、厄除け開運お守りを買い(今年は厄年。本厄でっせ)
おみくじは凶を引き(ある意味すごい)

ワタシの実家ではシーズン初めて雪を見て、
いぬと再会をよろこび、
残雪の竹田城あとに登り(無謀)、
出石そばを食べに行って、
おもいきりUターンラッシュに巻き込まれてみかわに帰還。

という一応年末年始のイベントスケジュールをこなしたのに・・・

今日になってやっと手帳の中身を買い換えたら、ぼちぼち、ああ、年明けたなあ・・・という気がしてきました。
基準は手帳なのか??

今年も相変わらずのんびりしています。

・・・はっ(゜o゜)

一年の計は元旦にありっていうのに。

しまったーーーー

こんな調子じゃ、気がついたら年末やんか。

今から今年のテーマと目標を考えよう・・・

ちょっと(かなり)出遅れた感がありますが、
ともあれ、みんな健康で、すばらしい年になりますように!


2009-01-06(Tue) 19:19| つぶやき| トラックバック 0| コメント 8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。