きょうのひとこと


presented by 地球の名言

PROFILE

のび

Author:のび
*1977年生まれ 
*関西の山間部寒冷地出身
*犬好きできもの好き
*旅好きでカメラ好きのオットと二人暮らし

動きが遅くて反応が鈍いらしい。急いでいても驚いても焦ってもあまり気づかれない。ある意味スローライフを送っています。

いろんなものの手作りに興味があります。
色彩ゆたかな暮らしにあこがれていますが、大体アースカラー(といえば聞こえはいいけど結局茶色)に落ち着くのがオチです。


*掲載内容の使用・転載をお断りします
*リンクはフリーですがご一報くだされば幸いです
*おとなの良識のない不適切なコメントはワタクシの判断で削除させていただくことがありますのでご了承ください

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

LINKS

このブログをリンクに追加する

SEARCH

RSS

ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

お赤飯のつくりかた

ワタシには、人生の師匠と仰ぐ年長の知人が幾人かいて、

そのうちのひとりから、この間、誘っていただいた。

「今度の土曜日、赤飯つくるから、見においで」


で、喜び勇んでうかがって教えてもらったお赤飯のつくりかた。蒸し器でつくるver.

・・・材料・・・
(27cmの中華蒸籠で一度に出来た量)

もち米 350g(2.5カップ)
小豆  1/4カップ
塩   小さじ1/2
小豆の煮汁(+水) 200cc

・・・かならず要る道具・・・
中華蒸籠、または和蒸籠、もしくは蒸し器
ふかし布、(和蒸籠、蒸し器の場合はフタにかませる布巾も)


・・・作り方・・・

1.もち米は洗って一晩水に浸しておく。
  ※注意:もち米って、洗いすぎると割れるんで、そっと。
    水がきれいになるまでやらずとも、2回ほど水替えて洗えば充分。

2.小豆は、 3倍の水で火にかけ、煮立ったらその水を捨て(ゆでこぼし)、
  さらに3倍の水を加えて火にかける。
  煮立ったら弱火にして、小豆が常に浸っているようにしながら、
  15分ぐらい煮てゆで汁を取っておく。

  小豆がひたひたになる位の水を再び加え、八分どおりやわらかくなったら火からおろす。


---------ここまでを前日にやっておくとよい。


赤飯材料


3.もち米はざるにあけて、水気を切っておく。鍋に湯を沸かし始める→蒸す用。


ゆで汁

とっておいたゆで汁を、玉じゃくしで7~8回通して、空気にふれさせる。→色が出る。
  


4.3のゆで汁に塩と水を加え、200ccの水分にして、鍋で煮立てる。

ここで師匠はもち米の臭みを抜くために、ちょっぴり日本酒を入れていた。
ワタシも真似て入れてみる。分量は・・・適当。大体大さじ半分ぐらいかな?

米いれる



5.4のなかへ、水気を切ったもち米を入れ、木杓子で鍋の底からかき混ぜ、
  水分をすっかりもち米に吸い込ませる。

リゾットみたいに

→リゾットみたいにね。


小豆投入

大体水分がなくなったら、火を止めて、小豆をまぜる。
師匠はテフロンのフライパンでやってはった。くっつかなくて良いらしい。
鍋でやる場合は、あんまりタラタラやってるとくっつきます。
サッとやる!このときばかりはワタシもいつもの16倍速。
テフロン鍋無いんですわ~うち。


6.蒸籠に水に濡らして固く絞ったふかし布を敷き、5を入れて


蒸し器に入れて

真ん中をドーナツ状にする。→蒸気が良く回るようにね。

写真は中華蒸籠なので、フタに布巾はかませてないけど、和蒸籠や蒸し器の場合は、
水滴が落ちるので、布巾をかませてください。
布巾は風呂上りの頭洗ったオバチャンみたいに、フタの上で結んでおく。

でないと火がついて燃える。(経験あり)


蒸し中


ふたをして、強火で20分~30分蒸す。ちゃんと煮立ったところで蒸す。

蒸しあがり

蒸しあがり。

熱いうちにさっさとふかし布から外して、飯台とかおひつとかタッパーとかに移す。
・・・でないと、くっついてえらいことになります。


赤飯完成

おいしそうにできたよ。
ただ、小豆が気持ちやわらかかったけど。。。

まあ、固くて食べられないよりマシなんで、ゆで加減が分からない場合は、
食べられる固さになるまでゆでたほうがいいんじゃないかなあ。

ちなみに、ワタシはアンコを炊くついでに、途中でちょっと小豆とゆで汁を除けといて作りました。
ゆで方は適当。ゆでこぼしは2回ほどやったけど。

そして、小豆の量も適当。
ここが手作りのよいところで、小豆満載の「夢の赤飯」が出来上がった。。。



ゆで汁の水分量だけは守ったけど、師匠んとこのはもうちょっと上品な色合いだった。

と、言うのも、ゆで汁6:水4ぐらいで作ってはったから。

ワタシのは、ゆで汁100パーセント。どぎついでっせ。

でも、ワタシの中の赤飯てこういう色ねん。

まあ、そこはお好みで・・・


ツイッターで赤飯作りを教わったとつぶやいたら、「もち米愛好会会長がぶどん」より

「おせーて」依頼があったので、アンコ炊くついでに実際作ってみて、掲載しました。



文字面だけでは説明しづらいため「また今度うちに来たとき一緒にやろうね」って言ったら、


返事のメール(いたって普通のメールやったけど)から無念さが伝わってきたので・・・


作ってみてね。がぶどん。

スポンサーサイト

2011-04-12(Tue) 00:51| 引き継ぐ味| トラックバック 0| コメント 2

ひとつき

大震災からひとつき。
ここひとつきのことを振り返ってみた。
ワタシの周りの狭い範囲に限ってだけど。

地震が起きたとき、ワタシは外に居て、一緒に居た知人の携帯に、
「仙台で大きな地震があって、家族と連絡がとれない」という知らせがあって知った。

そのときはまだ、どれほど大きな地震か分からなくて、津波警報とかでてるらしいって聞いたけど、

三陸沖か。

あのあたりは地震が多いから、みんな備えもしてあるし、

津波が起きたときのために、高台に上る避難訓練もやってる(テレビでよくやってた)し、

大丈夫だろう。


そう思いながら、明日、ウチでやる新春会の買い物してかえらなきゃー

と思って、スーパーに寄った。


ついでに、きっと、東海地方も地震がいつ起こるか分からないし、
ウチ、そういえば水の備蓄って一人3リットルしか無かったよな・・・
安売りだし(2ℓ98円だった)、4本ぐらい買っとくか。

あ、ついでに、電池も買っとこう。



ってな感じで、ウチに帰ってテレビをつけたら、えらいことになってる。

とりあえず、言葉をなくしてテレビに釘付けになる。

以後、なんか変だった。


なにも手につかない感じ。

とりあえず、翌日、お友達がやって来てくれてよかったと思う。

努めて日常生活を淡々と過ごそうとしてたけど、やっぱり、変だった。

なんだろーか。言葉に出来ないけど。


で、そうこうしてるうちに、実家から連絡があって、
愛犬の元気が無いという。

とてもくいしんぼうなのに、エサを食べなくなってしまった。
地震の被害を悲しんで食べられないような様子やなーとかって言ってたけど、
また次の日にはケロッとして食べるだろうと思ってたら、

2日後、あっさり死んでしまった。

もう14年も生きたので、寿命だとは思ったけど、かなしかった。

けれども、なんとなく、大災害でもっと悲しみにくれてる人がいるのに、
犬が死んだって悲しんでると悪いような気がして(今思えばだけど)、

あんまり涙は出なかった。

それでまあ、だんだんあたたかくなってきて、庭の花も咲いて、葉っぱも芽吹いて、

桜も咲いて、春が来たけど、なんかこう、もやもやしてる。


復興を妨げる余震とか。

原発事故対応のために現場にいる人たちのこととか。

放射能汚染された魚とか土壌とか農産物とか。

プレート境界上に浜岡原発があって動いてるとか。


なんかとりとめもなく書いてしまったけれど、いろんなことがハッキリしなくて、
気持ち悪い感じ。

きっと、文明の発展の方向を変える分岐点にいま居るんだと思う。

ちゃんと、頭を働かせて、あの地震と原発事故があったから、

今の豊かな社会ができたんです。って、そういう未来にしたいなあ。

ワタシも、事故が起こった最初は、かしこぶって、原発反対なんて、感情的な人の言うことだと思っていたけど、

日がたつにつれて、原発に疑問を持ち始めた。

相方に、原発って無くしてしまえんのかな?って聞いたら、

「そんなことしたら、経済活動が破綻するで」って言って驚いた。


人間あっての経済活動だと思っているので、大きなリスクにさらされてまで、

原発を維持するのってなんか変。と、ワタシは今はそう思う。



今回の出来事を経て、もし、自分に子どもが居て、その子が、原発関連の仕事をすると言ったら、

やっぱり、反対するだろうな。

そんな危険な仕事はやめてほしい。


そう考えると、そんなリスクを作業する人や原発周辺の人たちに背負わせといて
暮らしを便利にしたり、儲けたりして良いんだろうか。


もうええやん、右肩上がりの成長とか。
なんでもかんでも消費しまくって、それで経済まわしていくのとか、限界やん。

幸せのあり方をいろいろ考えるなあ。


そうそう、それで、先週、引き出しを整理してたら、犬の写真がでてきて、ひとり号泣。
いっぱい幸せ貰ったけれど、犬は幸せだったのかと思って。


そんなひとつきでした。

被災地に早く安らげる日が訪れますように。


2011-04-11(Mon) 18:25| つぶやき| トラックバック 0| コメント 0

もへっと

お久しぶりです。

毎日毎日、ブログに書きたいネタはたくさんあるけど、
スマホにしてからPC立ち上げるのがメンドウになってしまって・・・

いや、スマホからでもブログの更新は出来るのですが、
文字入力がメンドウで・・・

まあ、言い訳ですが。

更新しない間に、あんなことやこんなことがあり、まあ、それはおいおい書いていこうと思います。


で、タイトルの話題。


ご存知の方もおられると思いますが、
我が相方は、中年に片足(いや、すっかり全身?)突っ込んだ立派なオッサンです。
しかし、時々、妙に「萌へ(モヘ)っと」なる瞬間があり(ええ、アバタもえくぼとは存じておりますとも)
機嫌が悪くともクスッと笑ってしまうようなハメに陥ります。

いや、逆にそれがあるから結婚生活が続いているのかも・・・



今朝の出来事。

朝は幼児並みの食欲しかない相方。

たいてい、一口大のトーストか、海苔巻きおにぎりを用意するのだけど、

今朝は、ちょっと趣向を変えて、真ん丸い一口おにぎりに「のりたま」をまぶしてみた。


起きてきた相方、さっそく大好きな「のりたま」に気づき←嗜好も幼児。。。

「あっ(゜o゜)のりたまや~」と喜ぶ。

お、よろこんでるよろこんでる。とほくそ笑みながら、汁物を用意してると、、、



「あーーーーっ!おにぎりがーー!崩壊したーー」



様子を見に行くと、



半分かじったおにぎりが、コタツの斜面(布団の)を転がって、


「のりたま」をまき散らしながら床の上に・・・


「あーあー、もっと固くにぎらんとイカンかったな~」

などと言いながら「のりたま」を回収していると。







「そうやでー おむすびころりんすっとんとんやったで」



ああ、朝から脱力・・・


こんな相方ですが、ワタシが電気を消し忘れると厳しく叱ります。









2011-04-06(Wed) 18:56| 相方のこと| トラックバック 0| コメント 2

ごぶさた・・・

してますた。。。

最後の更新からもう一年経ってる・・・

前のバイト先の、閉店セールで忙しくしてる間に、更新が滞り、

最近じゃブログよりもツイッターのほうがお手軽で。

楽なほうに流れる人間なので、ざぶーんと流されておりました。


また、ぼちぼち更新してこうと思うので、よろしくお願いします。

ていうか、だれか見にきてるかな?


2010-10-18(Mon) 20:28| つぶやき| トラックバック 0| コメント 2

薄切りトーストかそれとも・・・

分厚いトーストか・・・

ワタシはサンドイッチ用(8~10枚切り)に薄くスライスしてもらった食パンを、

カリカリに焼いて、バターやクリームチーズとジャムを塗って(ハイカロリー!)
食べるほうが好きだー

それでタップリのミルクティー(ソイミルクティー)があれば。


なのだけれど、

日本人は厚切りトースト(4枚切り?!)が好きだと言われているらしい。



東西厚切り?薄切り?対決 トーストのスライス、お好みは?


ゴハンの文化なので、もっちりした歯ごたえを好みやすい云々らしいですが。


どーなんでしょーか。

いや、そんなん別にどーでもええねんけど、みんなどーなんかなーと、ちょっと気になって。



たしかに、小さい頃、たまーに喫茶店で厚切りトースト食べたら、それはそれでおいしかったけど。
なんか、バターを塗られてフニャーンとした表面はちょっと寂しかった気がする・・・
あと、厚切りだと当然、耳の部分もたくさんになるから、そこがちょっと・・・
パンの耳が小さい頃苦手だったというのもあるかも。



日本はごはん文化なのでもっちり厚切りが好きということだけど、

ワタシは、お米はもち性のあるコシヒカリよりも、さっぱりしたササニシキのほうが断然好きだ。
たまには、もち米とかコシヒカリもおいしいけど。


で、とんかつはロースよりモモ。モモよりヒレで、鶏肉はモモよりムネ。ムネよりささみです。


パッサパサやん!(にもかかわらずこの皮下脂肪。なんでやねん。。。)



あ、トーストの厚さとは全然関係なかった(゜o゜)


でもなんでお肌がこうなのか分かる気がしてきた。。。

だから、とり皮を食べる親友Mくんのほっぺたはあんなに・・・


こ、コラーゲンを、、、コラーゲンを摂らなければなりません。




2009-08-23(Sun) 17:37| ごパン| トラックバック 0| コメント 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。